寿司図鑑 823貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

沖目鯛/オキメダイ

おきめだい / オキメダイ
沖目鯛/オキメダイ
握り

世の中に珍魚というものがいる。
どんな姿形をしているのか? というと意外に平凡な姿であることが多い。
その最たるものがオキメダイなのだ。
探しても手に入れられるような魚ではない。
出会いは交通事故に近い。

そんな交通事故のようなことが、やはり突然にやってきた。
宮城県気仙沼のmakoさんから、「オキメダイ知ってますか」とのケータイが入ったのである。
欲しいんですけど、というと「10キロ以上もありますけど………」
これが届いたら、なによりもその大きさに驚きを感じた。

大の大人が両手で持つのがやっとだ。
これを『市場寿司 たか』渡辺隆之さんに丸投げする。
たささん、まな板には乗らないので台車の上で黒くて重いオキメダイと格闘。
やっと三枚に下ろしたときは、どっすんと尻餅をつく。

その切りつけた身のきれいなこと。
純白である。
たとえて言えば白い陶磁器のようだ。
刺身で味見して、その白身の大トロのような脂の甘みと、旨みにちょっと感激。
舌の上にのせると徐々に溶けていく。

柔らかいのだからすし飯との相性もいい。
すし飯の酸味がまったしして、ややとらえどころのない味わいを引き締めている。
「味はいいけど脂が強すぎるね」
これじゃ魚本来の旨さが感じられない、とたかさん。
「でもマグロの大トロと一緒でしょ。トロッとしているところがいいじゃない」
たかさんよりも脂好きのボク。

こんなことを言っている間に、オキメダイは冊となって、ネタケースにしまわれていく。
さて、お客さんの反応やいかん。
たくさんあった冊はすぐに売り切れ、実に好評であったということだろう。
2009年7月8日記す。

寿司ネタ(made of)

オキメダイ

オキメダイ
非常に珍しい魚。
一般にはまったく知られていない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。