寿司図鑑 111貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

緋おどし/ヒオドシ

ひおどし / ヒオドシ
緋おどし/ヒオドシ
握り

沼津、佐政水産・青木修一さんはまるで魚類学者のような人である。魚を見て必ず種として比較・同定して競りに参加する。その味わいに関しても並はずれた経験と好奇心を持っているので、彼をして珍しいというと期待できること大。その青木さんが沼津では珍しい魚です、と送ってくれたのがヒオドシ。緋色の美しいカサゴである。これを、江戸前握りにして食べてみた。刺身としては少々旨味に欠ける。やはり寿司にしても同様である。皮下の脂も薄くすし飯に負けてしまっている。これが意外に寿司職人としての、たかさんとしてはいいという。この上品さが一品として「あっていい」というのだ。皮目の美しさもプラスされているようだ。

寿司ネタ(made of)

ヒオドシ
Red scorpionfish

ヒオドシ
暖かい海域にいるやや大型のカサゴで目立つ姿をしているが、まとまってとれない。
流通にのることもあまりなく、主に産地などで消費されるもの。
けっして味のいい魚ではないので産地では値段が安く、大きくて姿がよければ値をつける関東などでは高値となる・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。