寿司図鑑 168貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ツムブリ

つむぶり / ツムブリ
ツムブリ
握り

黒潮にのり海を疾走する虹色の魚、その流線型の美しい形とともに美魚の誉れも高い。これが食べるとなると、見向きもされないらしい。けっしてまずい魚ではないことは釣り人であったときに食べて知っている。それが駿河湾沼津では評価が低く、画像のものを競り落とそうと仲買さんに頼むこともなく「あげるよ」とただでいただくこととなった。沼津での魚の案内人である山丁・菊貞 菊地利雄さんも「めなだ(ツムブリ)は人気がないって言うか、うまいって思わないんです」と宣う。とりもなおさず刺身にしてみる。やはりそれなりにうまいではないか? 『市場寿司 たか』で握りにしてみても、「ブリっていうからいなだに似ているね」と、たかさんの言うとおり。いなだ(ブリの幼魚)そのもので、少し血合いが多い。また大小あって、普通は50センチの大がうまいかと思ったら、40センチの小が脂があってうまい。結局産地での評価が低いのは同時期にとれる、いなだよりも味が落ちるからであるようだ。ちなみに薬味はワサビと生姜で食べ比べると、「ネギと生姜」というのがいちばんうまい。

寿司ネタ(made of)

ツムブリ
Rainbow runner, Blue-stripe runner

ツムブリ
世界中の暖かい海域にいる魚で、比較的沖合の表層域を回遊し、定置網や釣りで漁獲される。ブリに似た形で、身に赤みがあるためと、流通する量が少ないために、流通上は安い。
夏や春の小振りのものは淡泊で味がないが、秋から冬には脂がのって非常に美味であ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。