寿司図鑑 224貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

アヤメカサゴ

あやめかさご / アヤメカサゴ
アヤメカサゴ
握り

市場では「かさご」と言う言葉はフサカサゴ科の多くの魚を差す言葉であり、けっしてカサゴという種のことではない。その多くの「かさご」の中でもっとも美しいのがアヤメカサゴである。ただ鮮度のいいものは市場では少なく、多くが九州などからの旅もの。それで、たまに伊豆半島などからすごいのが来ても値がつかなかったりする。ここがねらい目で、当然、すぐに確保して『市場寿司たか』に持ち込んだ。その鮮度に感心しながらも、これをどう握るのか考えていたのだろう。「皮目を生かして霜皮造りにするか」といってやってみると、皮が硬くてダメ。それで素直に握ってみたら、これも、たかさんは気にくわないのだ。身がしこっとした心地よい歯触り、噛むと甘みも感じられるし、うまいのだ。ただ、残念なのは酢飯との相性か。ぜんぜん一体化してくれないのだ。次回は軽く湯振り(熱湯の中にほんの数秒くぐらせる)してみるか?

寿司ネタ(made of)

アヤメカサゴ
Yellowbarred red rockfish

アヤメカサゴ
単にカサゴという認識。
スーパーなどには見かけない。
関東ではデパート、魚屋で少ないながら見かける。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。