寿司図鑑 343貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

サツマカサゴ

さつまかさご / サツマカサゴ
サツマカサゴ
握り

昨年の秋、沼津魚市場の生け簀をのぞいているのは佐政水産の青木さん。近寄ると「小さいんですけどサツマカサゴなんです。小さすぎておいしいかな」と思案している。サツマカサゴは沼津では比較的数少ない魚。やや深い場所にいるカサゴの仲間で、トゲに毒があり、面相は怪異。それでも白身のおいしい魚で「活けなら、これでも高いでしょう?」と聞くと、安いはずだというので競り落としてもらった。これを手早く締めて『市場寿司 たか』に持ち込む。午前に沼津をたって八王子までは3時間。午後、客のひけた店でサツマカサゴを握ってもらう。「まあ、魚は新しいからうまいということはありませんな」とたかさん首を振る。そのとおり透明感があって美しい握りなのに味がない。プリっとしていて、まあそこだけは楽しめるが、小振りでもともと旨味がなかったのだろう惨敗である。「大きければうまいんですけどね」と青木さんも言っていたのだ。またこんどはデカイのを探してトライすべし。

寿司ネタ(made of)

サツマカサゴ
Humpbacked scorpionfish

サツマカサゴ
浅場にいる小型で棘の多いカサゴ。個体数が少ないためか、まとまって揚がることは少ない上に小さいために食用魚としての価値は低い。ある意味、安くておいしい魚なので、見つけたら買い、そんな魚かも。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。