寿司図鑑 347貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

アカネキントキ

あかねきんとき / アカネキントキ
アカネキントキ
握り

キントキダイ科の味がいいのは前にも書いた。近年海も温暖化が進んでいるのだろう、やや熱帯の魚であるキントキダイ科の魚も市場で見ていても種類が増えてきている。なかでも一度しか見ていないのがアカネキントキ。大きくなるホウセキキントキと比べて少々可憐な雰囲気。身の色もやや淡く赤みがかっている。味は当然いい。キントキダイ科の魚は、たかさんの好みらしく、「こいつが来ると、ついつい食べたくなる」そうだ。身自体に微かだが甘味があり、まったりしたところからすると脂もあるんだろう。そこにすし飯に程良い抵抗を見せながら馴染んで消える。「かわいいね」。

寿司ネタ(made of)

アカネキントキ
Bloch's bigeye

アカネキントキ
徳島県海部郡海陽町宍喰では雑魚として扱われている。
味がいい魚なのでまことにもったいないと思う。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。