寿司図鑑 367貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

桜鱒/サクラマス

さくらます / サクラマス
桜鱒/サクラマス
握り

「春なんだな」と感じさせる魚は多い。中にあって北国の春を思わせるのがサクラマスである。当然、桜の花の咲く時期にとれるもの。この北国のマスがいかにうまいものか、関東では意外に知らぬ人が多いのにビックリする。それで「マスって、どうしてこんなに高いんだろうね」なんて声すら聞こえてくるのだ。まあ、高いと言っても値はそこそこ。「だまされたと思って買ってみな」と持ち帰って皆一様に腰が抜けるほどに驚いてくれるのだ。刺身で塩焼きで、ムニエルで、こ~りゃたまんのである。そんなとき市場で見かけたのが活けのサクラマス。これを買い込んで『市場寿司 たか』へ持ち込む。「きれいな魚だね」なんてのんきなことを言って出してくれたのがこの2かん。すし飯の上でまだ切り付けた身が縮んでいる。これが凄い、凄い凄い。身に甘味があってトロっとしている、そして微かに感じる淡水の香り、旨味。「これは言うことなし」という、たかさんに満足げな笑みがこぼれる。「その通りだ!」。

寿司ネタ(made of)

サクラマス
Masu salmon、Cherry salmon

サクラマス
古代より、単に「鱒(ます)」というと本種のことになる。「鱒(ます)」とは本来種名であって、それ以外のないものでもない。標準和名のヤマメは同種で陸封型。
またアマゴ・サツキマスは亜種。アマゴ・サツキマスよりも生息域が北にある。
日本海や東北以・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。