寿司図鑑 388貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

狼魚/オオカミウオ

おおかみうお / オオカミウオ
狼魚/オオカミウオ
握り

テレビなどで紹介されて人気のある魚なのだが、食べるとなるとまったく見向きもされない。見てくれの面白さと、市場での評価に大きな落差があるのだ。ただ、日本では人気のないオオカミウオが北欧にいくと俄然、高級魚となる。これは皮さえむけば中はきれいな白身。これをフライや唐揚げで食べるわけだ。でもこの白身でクセがないというのが、刺身にすると無個性で味気ないということと同義語になる。またオオカミウオは1メートル以上になる大型魚なのだが、大きいと脂が強すぎて生食には向かない。できれば70センチ以下のものを刺身にするのだが、旨味のなさを補うために今回は軽く醤油で煮てみた。これを切り付けて握りにして、「生よりはいいかな。でもやっぱりうまくはないな」と寿司職人の渡辺隆之さんからそっけない評価が下る。確かに旨味も甘味も足りない。半身は持って帰ってフライで食べた。これを握りにしたらよかったかも。翌日、たかさんに話すと「まあ、それもありかな」と笑う。

寿司ネタ(made of)

オオカミウオ
英名/Ocean catfish, Wolffish, Bering wolffish

オオカミウオ
国内よりも、むしろ海外などで重要な食用魚。
太平洋のオオカミウオとタイセイヨウにはシロオオカミウオ(Anarhichas lupusLinnaeus,1758 / Atlantic wolffish)などがいて、食用になっている。
ドレスや・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。