寿司図鑑 397貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

簾貝/スダレガイ

すだれがい / スダレガイ
簾貝/スダレガイ
握り

底引きなどに混ざるものでほとんど市場には出回ることはない。むしろ産地でほそぼそと利用されるものだ。主にみそ汁や、潮汁になっているのだと思う。スダレガイが属するマルスダレガイ科にはアサリやハマグリなどの美味な二枚貝が目白押し。でも、それ以上に利用されないものも多いのである。そしてスダレガイなのだが、生でも決してまずくはない、今回のものは軽く湯引きにしたが、これなどなかなか甘味があってうまいのだ。「でも、色がね」、たかさん腕組みしてひとこと。「嫌な人は嫌だろう。まずくはない。甘味が薄くて、そんなにうまかーない。でも使えと言われると使えるもんだよ。でも色が変に赤いだろ。うまそうに思えない」。そのあとに「日本人は目でも食うからね」という。「亭主の好きな赤烏帽子」とはいかないようで。

寿司ネタ(made of)

スダレガイ

スダレガイ
底曳き網などの混ざり物。
まとまってとれないためにほとんど流通しない。
味がいいのに残念。
やっかいなことには近年(2003年現在)築地をはじめ関東の市場に入荷する「すだれがい」というのはアケガイである。本種は入荷することはほとんどなく、地・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。