寿司図鑑 439貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

縞海老/ヒカリチヒロエビ

しまえび / ヒカリチヒロエビ
縞海老/ヒカリチヒロエビ
握り

「今年はエビが豊漁なんです」。沼津魚の達人・菊地利雄さんが呟きながら「これをお土産にどうぞ」と沼津での「縞海老」ヒカリチヒロエビを手渡してくれる。ずっしり重く3キロはありそうである。ヒカリチヒロエビは根鰓類、すなわちクルマエビなどに近い中型のエビ。沼津に揚がるのは10センチ前後のものが多いのだが、この天ぷらはたまらなくうまい。ただ生で食べるとやや落ちる。これは身が甘えびなどと比べてしっかりしているのと、甘味が薄く、微かだが生臭みがあるせいだと思われる。でも寿司にするなら「生がいい」。茹でたのを食べてみて、たかさんといろいろ試してみる。「たかさん、醤油で軽く洗ってみようか?」。むき身をほんの少しだけ垂らした醤油でさらりと洗う。これが大正解。甘味がグンとました、生臭みも消え、醤油が甘えびなどにある粘質のアミノ酸と同じ役割をしているのか旨味が長く続くのだ。当然握りは絶品である。「これはいいね。甘えびより断然こっちの方がいい。面白いのは醤油のお陰かな、すし飯にすんなり馴染んでくれる」。あまりにいい味だったので本日のお昼は、「縞海老」の寿司丼となった。これもうまい。

寿司ネタ(made of)

ヒカリチヒロエビ
英名/Stout red shrimp

ヒカリチヒロエビ
駿河湾以南の底曳き網でとれるもの。
まとまってとれないので安く、また生食などには向かない。
静岡県沼津市では唐揚げ、天ぷらネタとして人気がある。
また底曳き網でとれた魚貝類は観光資源ともなっている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。