寿司図鑑 440貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

むきどんこ/クサウオ

むきどんこ / クサウオ
むきどんこ/クサウオ
握り

ときどき北国から入荷してくる「むきどんこ」の正体が長い間謎であった。それを尾の部分の画像を高知大学の町田吉彦教授にみてもらって「クサウオではないか?」とヒントをもらってはいたのだ。それで遠い遠い福島県の最北原釜まで行って、まず目に飛び込んできたのがカゴいっぱいのクサウオ。これが若く美しい浜の女によって豪快に皮をはぎとられている。何回も書いてバカのひとつ覚えのように思われるかも知れないが、まことに福島の浜の女たちは美しい。剥かれたクサウオはきれいに並べられて関東に送られてくる。主に煮付けか唐揚げになるのだが、「まず握りにはできないだろうね」と、たかさんにお願いしてみる。それを無言で刺身で食べて、すぐに2かんが出てきた。「うまいじゃない。これ。食感が不思議だね」。追いかけるようにボクも口に放り込む。確かに不思議な食感である。アンコウの刺身に近いけど、もっとプルンとしている。旨味は少ないものの。紅葉おろし、ポン酢、ワケギでものせればぐんとうまくなりそうだ。ついでに「いかに福島の女が美しいか」たかさんに力説するも、「連れてきてくれなきゃね」と信じないのだ。

寿司ネタ(made of)

クサウオ
Tanaka's snailfish

クサウオ
福島県から入荷してくるもので、非常に特異な存在。
相馬市原釜港では寒くなると、産卵回遊してきたものが刺し網などで大量に揚がる。
それを皮を剥いて出荷している。
皮付きのままでは売れなかったものともいえそう。
水っぽく、料理法に工夫を要するも・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。