寿司図鑑 441貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

イガグリガニ

いがぐりがに / イガグリガニ
イガグリガニ
握り

港で水揚げなどを見ていて、選別されて並んでいるのに出くわすと思わず抱きしめてしまいたくなるほど愛くるしい生き物っている。その最たるものがイガグリガニなのだが、けっして抱きしめて頬すりすりなんてしない方がいい。気をつけないと一週間程度の軽傷をおう。運が悪ければ重症かもね。このぬいぐるみのようなかわいらしい下にある身の味わいはいかに。きれいな花には棘がある。なんて言うが、愛くるしい外見の棘の痛さの下にあるのが、なかなかいい味の身なのである。それをせっせと取りだして「市場寿司 たか」に持っていく。カニ好きのたかさんの評価もいい。当然握りにしてもしっとりとした身質、甘味、「これは合格点だな」と寿司職人のご意見が飛び出した。それで丸のまま、茹でたままを進呈する。「これは遠慮するわ。中身だけちょうだい」だって。うまいもの食べるには忍耐もいるんだよ。

寿司ネタ(made of)

イガグリガニ

イガグリガニ
底曳き網や底刺し網に混ざるもの。非常に棘が強く素手で持つと痛い。底曳きでもあまりまとまってとれないので、あまり利用されていない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。