寿司図鑑 475貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

くつあんこう/アンコウ

くつあんこう / アンコウ
くつあんこう/アンコウ
握り

やっと市場でアンコウを見つけて「市場寿司 たか」に持ち込む。「これオレがおろすの」とたかさん嫌がるので、我が家でさんざん手こずって尾の身をあらためて持っていく。「アンコウの仲間はこれで二回目だよね」、「いや違うよ。前の店でもやってたよ。(鍋を出してお湯を沸かしながら)」。たかさん、沸騰した鍋にアンコウの身を入れて霜降りにする。「霜降りにするんだ」、「前に持ってきたよね身がしっかりしていたヤツ。あれは特別だね。アンコウっていやあ霜降りにしないとだめ」。確かに生と霜降りを刺身で比べると歴然と違いが出ている。握りにしても、身の旨味というか味わいがあり、すし飯とも馴染んでいる。「アンコウって握りにしてうまいね」。「そうだろ、これは“くつ(あんこう)”だっけ、本鮟鱇は毎日あるだろ。鮮度さえよければ握りのネタにできるわけよ。でも皮がもったいないよな。肝はのっけてもいいけど。普通の寿司屋で酒を出すとこならいいけど、ウチは酒をあえてすすめないからね」。

寿司ネタ(made of)

アンコウ
Goosefish

アンコウ
料理・市場では「くつあんこう」と呼ばれている。一般的に「あんこう」とはキアンコウのこと。キアンコウは「本あんこう」で本種よりも高い。水揚げ量もキアンコウよりも圧倒的に少ない。
外見は一般に鮟鱇として人気のあるキアンコウと変わらない。やや小さ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。