寿司図鑑 485貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

信州サーモン

しんしゅうさーもん / 信州サーモン
信州サーモン
握り

魚貝類を取り扱うヘンリーブロスという商社の代表、江嶋力さんから「信州サーモンって知ってますか」と聞かれたのが昨年のこと。そのときはなにげに聞き流していたのが、それを取り扱っているのが八王子の業者だと知って押っ取り刀で1本買ってきてみたのだ。「へええ、これ淡水の魚だろ」、いきなり持ち込んだので、たかさん驚いてしまったようだ。なにしろ相手はデカイ。体長60センチはありそうで「2キロくらいあるね」という見事さなのだ。「ブラウントラウトとニジマスの掛け合わせでさ」。説明している間に、2かん、3かんと出来上がる。「さすがにサケの部類もこれだけ大きいと骨も取りやすいしいいね」、そして1、2かん口に放り込んで「これはうまいよ」とたかさんうれしそうだ。つづくこっちもすぐに顔がにやけてくる。まったく淡水魚のクセも臭いもない。脂も上質で、身にサケならではの風味と旨味がある。「値段、アトラン(タイセイヨウサケ)と同じか、もっと上だね。とすると市場で比較されたとき、プロが買うかどうかだね。これは長野で特産品として食べた方がいいだろ」たかさん、なかなかプロらしい意見を言ってくれる。ボクはこのうまさにただ単に感激至極だけどな。

寿司ネタ(made of)

信州サーモン

信州サーモン
ニジマスを母体とした養殖用3倍体の品種は各地で開発が進められている。
3倍体の特徴は掛け合わせた魚のよい面を合わせ持つこと。
河川などに逃げ出しても繁殖しないことなど多い。
本種は長野県水産試験場が作り出したもので、主に長野県内で流通してい・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。