寿司図鑑 495貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

わらづか/ナガヅカ

わらづか / ナガヅカ
わらづか/ナガヅカ
握り

市場ではナガヅカといっても誰も知る人はいない。それでは全然、市場に来ていないのかというと高級すり身「わらづか」としてよく見かけるのである。これが非常にお高い。すり身が上質であると言うことは、またその原料も上質であるということだ。この非常に上品な白身魚の外見がかなりグロテスクだ。その大きな魚体を持ち上げて「なんだか天ぷらの銀宝(ギンポ)みたいだね」と言ったたかさんは鋭い。確かにお仲間同士なのである。皮を引くとほれぼれするような白身。外見はともかく、食ってみるか、と一かん口に放り込んだたかさん、「お、うまいよこれ。まったくクセないし、素直な白身だね。こんなの寿司ネタにあってもいいよ」。おいおい本当かな。産地である東北北海道でもナガヅカの握りなんて聞いたことがない。ボクの方も口に放り込んでは見たが、そんなにうまいとは思えない。「平凡じゃない。白身だけどヒラメのように旨味があるってわけじゃないし」。いいんだよ「あっちは子役の時からスターだろ。そこまでの評価はなくても手堅い脇役人とすると“いい味だしてる”んじゃない」。

寿司ネタ(made of)

ナガヅカ
Long shanny

ナガヅカ
主にすり身として流通する。鮮魚として流通することはまずない。
鮮魚としても上質の白身でおいしいが産地で細々と食べている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。