寿司図鑑 496貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

アラ

あら / アラ
アラ
握り

「あら」という言葉は難しい。一種類だけの魚を差さないからだ。冬に「あら」と言ったら福岡での呼び名を受けてクエのことになる。標準和名のアラよりもこっちの方が断然知名度は上。でも今回の主役、アラがクエに負けるとも劣らずなのである。関東では外房や相模湾、駿河湾ではそこそこ水揚げがある。ただし多くが30センチから50センチ弱の小アラが多い。「やっぱりアラは大きい方がうまい」のは当たり前だが「小さくてもうまい」というのも周知の事実。沼津の甲殻類学者・飯塚栄一さんから「アラを送りました」とケータイがあり、来たのがなんと30センチほど、しかも冷凍されている。たかさん「いかなアラだって冷凍されたら生はまずいだろ」というので期待しないで解凍を待つ。数時間後、興奮した声で「アラうまいんだ。早くきな」と目の前に二かん。それがすこぶるつきにうまい。シコっとした食感もあるし、味わいにクセがなく、旨味がジワリとしみだしてくる。「どう、たまらんだろう。驚いたねアラには、沼津の送ってくれた人に言って“またよろしくって”」。

寿司ネタ(made of)

アラ
Sea-bass, Grouper, Rock-cod

アラ
小さなものは日本海でまとまってとれるが、成魚は少ない。非常に味のいい魚で、しかも1メートルを超える大型魚。大きければ大きいほど高価。
ただ問題があり、それが本種のアラという標準和名。クエの九州での地方名「アラ」としばしば混同される。ともに超・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。