寿司図鑑 1477貫目

アラ小振り握り

あらこぶりにぎり / アラ
アラ小振り握り
握り

価格ランク

やや高級

 アラは水深100m以上の沿岸にいるハタ科の魚だが、ハタ類とは別系統になる。
 古くから味がよいので人気が高く、当然高級魚である。高級魚なのに知名度が低いのはハタ類のクエの北九州での呼び名と混同されているためだ。
 小さくても味がいいのが特徴。
 全長30cm弱を三枚に下ろして血合い骨を抜く。これを薄く切りつけてつけた。
 すし職人、たかさんもお気に入りのネタである。
「若いすし職人で好きな人多いと思うよ」
「この辺にそんな若い職人いたっけ」
「いない、ねー」
 要するに一度つけたすし職人はみな好きになる。そんなネタなのだ。
 少し寝かせると小振りでもうま味がのり、すし飯お味に負けない。
 またすし飯との相性もいい。

寿司ネタ(made of)

アラ
Sea-bass, Grouper, Rock-cod

アラ
小さなものは日本海でまとまってとれるが、成魚は少ない。非常に味のいい魚で、しかも1メートルを超える大型魚。大きければ大きいほど高価。
ただ問題があり、それが本種のアラという標準和名。クエの九州での地方名「アラ」としばしば混同される。ともに超・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。