寿司図鑑 1478貫目

大アラの握り

おおあらのにぎり / アラ
大アラの握り
握り

 3kg上のアラは非常に高価である。天然の上等のマダイよりもはるかに値が高い。
 だからめったに握りにして食べられないたぐいだと思って欲しい。
 すし職人のたかさんもこのサイズのアラは初だろう。三枚に下ろして背の部分を切りつけてつける。
「脂と思えない脂というのかな。軽く感じるのに脂の味を感じるね」
「たぶんそれはうま味から来る甘味と一緒になっているんだと思う」
 口に入れると甘く感じられて、その後にまた甘いが来るがこれは脂の味が加わった甘味だ。これは3日間寝かせたものだが、実にうま味が豊かである。
 どっしりとした重量級の味で握りの横綱級って感じだ。

寿司ネタ(made of)

アラ
Sea-bass, Grouper, Rock-cod

アラ
小さなものは日本海でまとまってとれるが、成魚は少ない。非常に味のいい魚で、しかも1メートルを超える大型魚。大きければ大きいほど高価。
ただ問題があり、それが本種のアラという標準和名。クエの九州での地方名「アラ」としばしば混同される。ともに超・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。