寿司図鑑 499貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

めごち/ネズミゴチ

めごち / ネズミゴチ
めごち/ネズミゴチ
握り

市場で熊本県産の見事なネズミゴチを見つけた。当然天ぷら種の「めごち」なのだから荷の回りにいるのは、総て天ぷら職人。5,6本選んでいるのを見て「それじゃ足りないだろう」と怪訝そうな顔をする。まさか生で握りにするとも言えず、大急ぎで皮を剥ぎ取り、ワタも頭部もとってキレイに下ごしらえ。これを目の前にして、たかさんが観念したように握りに仕立てる。これが意外なくらいに美しいのだ。しかも身にはまったくクセがなく、よくよく味わえば旨味がある。「でもそんなにうまかねえぞ」とは、たかさんの言い草。これじゃ寿司寝てとしては「ダメなんだ」そうだ。最後の2本に軽く塩を振り、テフロンフライパンで焼く。「これはうまいね」と笑うのだった。キロあたり1800円の高級魚でも「生じゃうまくはない」ということらしい。「でもねとれたてならうまいんだよ」とは釣り師としてのボクの弁。「それじゃ釣ってきてもらおうか?」。

寿司ネタ(made of)

ネズミゴチ
Richardson's dragonet

ネズミゴチ
内湾の浅場などにいる小魚。内湾の乱開発や、汚染でとれる量が減ってきている。
三河湾、大阪湾、瀬戸内海など、このような小魚を食べる食文化は各地に残っている。
関東の東京、千葉県内房などもそのひとつ。そこで生まれたのが江戸前天ぷらである。
煮つ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。