寿司図鑑 500貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

鬼笠子/オニカサゴ

おにかさご / オニカサゴ
鬼笠子/オニカサゴ
握り

オニカサゴというのは主に西日本に多い魚である。例えば、東京湾口、相模湾、駿河湾東部などでの「鬼笠子」はイズカサゴのこと。今回のは標準和名のオニカサゴなのでご注意を。全身棘だらけ、まるでどこを持っても傷だらけになってしまいそうだ。そして卸し身にすると刺身用にとれる部分はほんの少しだけ。その割に、値はいい。今回のもキロ当たり1800円だから、たかさん曰く「これは商売にならねー」なんて嘆くことになる。普通はこれを焼き物、蒸しもの、煮つけなどにする。卸ながらたかさん、「すごくきれいな身だね。しかも弾力がある。(少し切り取って味見)おおこれは旨味もあるじゃないの」。やや大きめので片身4,5かんもとれるだろうか。すぐに2かん出来上がり、食べてみる。それがうまいのである。身は弾力に富み、噛みしめるとジワリと旨味を感じる。甘みがあるのは脂があるせいだろうか。「ウチじゃ使えネーけど。こんなんで1かん400、500円もとってみたいね」と愚痴をこぼすのであった。

寿司ネタ(made of)

オニカサゴ
Hairy stingfish

オニカサゴ
流通量が少なく、高級魚のひとつ。
西日本からくることが多く、棘だらけであるなど下ろすのが大変。
どちからというと料理店などで食べるもの。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。