寿司図鑑 501貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

銀鮫/ギンザメ

ぎんざめ / ギンザメ
銀鮫/ギンザメ
握り

古生代デボン紀から地球上に登場したのがギンザメ。現存するものではシーラカンスの次に古い。だから見た目が著しく他の「お魚」と違っている。尾ビレはほとんどなく、だいたい尾が帯のように後ろになびいている。そして頭部と胴は繋がってまるでだるまさんのようである。面白いのはまるで子供が眉毛と目玉を書いたような顔をしていること。この国の人たちは食用とするとき魚の容姿を非常に気にするので、この見た目の可笑しさから「不可食」とみなしたようだ。でもオーストラリアなどでは食用とされていると動物学の専門家は言う。それでこの骨があるのかないのかフニャフニャした魚を卸して、『市場寿司 たか』へ持ち込んだ。「なんだこれ」と言いながら、とりあえず握り寿司となったものの。「クセはないけど、味はもっともっとない。うまくない」と、たかさんが言うが如く、これに足し算する部分も見つけられず、といったものであった。

寿司ネタ(made of)

ギンザメ
Silver chimaera, Ghost shark

ギンザメ
「さめ」がついているが板鰓亜綱サメ区のサメのなかまではなく、より原始的な全頭亜綱(Holocephali)の魚である。古生代デボン紀(約4億1600万年前〜3億5920万年前)の地層から化石が発見され、同時代にいた板皮綱から分化したとも。
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。