寿司図鑑 522貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

徳島県美馬郡つるぎ町貞光『飯田食堂』のすし

いいだしょくどうのすし /
徳島県美馬郡つるぎ町貞光『飯田食堂』のすし
郷土ずし Kyoudozushi

和歌山県ではラーメンに鯖寿司がつきもの。これは和歌山ラーメンの人気が上昇して、よく知られるところとなった。あまり知られていないのが「徳島うどん」とそれにつきものの「すし」である。これは所謂ばらずしと言われるもので、徳島県人が単に「おすし」というとこれを差す。具はインゲン、絹さや、ゴボウやニンジンなどの野菜、これに必ず大正金時の煮豆が加わる。そこにちっか(竹輪)もしくは板つけ(赤い蒲鉾)と錦糸卵が加わると出来上がりである。はんなりと甘く軽い味わいの酢飯に薄味でこれまたはんなり甘い具がとり合わさって「うまいんでよ」と徳島県人は自慢したい郷土の味である。

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。