寿司図鑑 523貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

シイラ

しいら / シイラ
シイラ
握り

関東ではあまり人気がないシイラも日本海や四国では「うまい魚」だとして珍重する。
 実際、関東に入ってきたもので鮮度のいいものを選び刺身にしてもなかなかいけるのだ。
 今回のものは沼津魚の達人菊地則雄さんから届いた鮮度抜群の1本。
 その半身を「市場寿司 たか」に持ってきた。
「シイラか、昔はヒラマサだ、ブリだって誤魔化してたって聞くね。それだけ味がいいってことかな」
 大きな魚なので冊取りして、すぐに四、五かん出てきた。
「確かに“いなだ(ブリの幼魚)”なんかに味が似ているよね。むしろこっちの方が上品だね」
 これは脂っぽい魚を嫌う、たかさんとしては、うまいという結論だ。
 残念ながら脂が少なく、旨味がもうひとつだ。
 ボクはあまり、うまいとは思わない。
 ただしシイラは大きいほどうまいと言われている。
 今回のものは3キロほどのまだシイラとしては子供。
 これが1メートルを超えるものだったら味の評価は違ったものとなるだろう。

寿司ネタ(made of)

シイラ
Common dolphinfish,  Fr/Coryphène commune,  Sp/Lampuga 中国語/鬼頭刀魚

シイラ
世界中の暖かい海域にいる大型魚。国内では春から夏に生まれた稚魚は日本列島周辺を回遊しながら大きくなる。日本各地で様々な食べ方をしている。大型魚はともかく小型魚(幼魚)などは典型的な未利用魚だ。大型でまとまって取れるので古来重要な食用魚であっ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。