寿司図鑑 550貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ソコホウボウ

そこほうぼう / ソコホウボウ
ソコホウボウ
握り

静岡県沼津市沼津魚市場では毎朝3時から底引き網の選別が始まる。主に出荷するのはエビ類、カサゴなどであるが、その魚貝類の種の多さは驚嘆すべきもの。その選別が終わりに近づくと、脇に避けてあったカゴに様々なまとまらない魚が入っている。そのなかでもやや大型なので目立つ存在であるのがソコホウボウだ。30センチほどもあるし、カナガシラやホウボウに似ているし、ときには間違って競り落とされたりするが、あまり引き取り手のない魚だ。これを断りを言っていただいてくる。それを東名を飛ばして八王子にある『市場寿司 たか』に持ち込むわけだ。その外見に予定通り驚いてもらって、卸し始めるとやや落胆しているのがわかる。身の色合いが「ちょっと鈍いな」。すなわち透明感にかけて握りにしてきれいじゃない。「味も平凡だろ」、確かにホウボウとは違って旨味に欠けるし、やや軟らかい。底引きでとったというハンデはあっても平凡すぎる味であった。

寿司ネタ(made of)

ソコホウボウ
Spottyback searobin

ソコホウボウ
深場の漁が行われている漁港で水揚げされている。量的に少なく、まとまらないので流通範囲は限られる。底曳き網や遠い漁場で揚がるので鮮度のいい物は稀。あまり高く売れないので漁場で廃棄されている可能性がある。本種はおいしい魚であることは間違いない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。