寿司図鑑 549貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

姫小鯛/ヒメコダイ

ひめこだい / ヒメコダイ
姫小鯛/ヒメコダイ
握り

一見、素性のわからない魚というのがあって、ヒメコダイもそのひとつ。最近では「イトヨリダイ天ぷら用」として店頭に並べている魚屋を見たことがある。外見からするとイトヨリダイに近い、ようにも思える。これがまさかハタの仲間だとは誰も気づかないだろう。ハタの仲間は深いところに棲むようになるにしたがい華奢になる。華やかになるとも言えそうだ。当然、寿司職人のたかさんも赤いきれいな小魚としか見当がつかぬままに、「キスのようだね」とか「アマダイに近いか」なんていいながら1匹のヒメコダイで二かんの握りを作り上げる。これを一かんずつ食べた感想が上々だった。「きれいな白身だし、歯触りもいいね。旨味と言うことでは不満が残るけど、これなら握りの一品として使える」。これにはボクも同感。むしろ昆布締め、皮霜造りなどにすれば良かったのかも知れない。これだけではもの足りない。課題が残るということは寿司ネタとしては合格ということだ。

寿司ネタ(made of)

ヒメコダイ
Sea-perch

ヒメコダイ
沿岸域の砂地などにいる小魚。
底曳き網などでときにまとまってとれるが、安定しない。
とても味がいいのに小魚なので値段は安く、料理がめんどうなので一般的に流通することはない。
産地周辺などでは煮つけに、最近関東では主に天ぷらなどのタネとして人・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。