寿司図鑑 1120貫目

ヒメコダイの握り

ひめこだいのにぎり / ヒメコダイ
ヒメコダイの握り
握り

価格ランク

並

この小魚の旬がはっきりしない。秋から春にかけて底曳き網などでよく上がるので、よく見かけるこの時期に、当然食べる機会も多い。ただし夏にとれるものも味はほどほど味が落ちてはいなかった。
さて、今回の寒の時期のものだが、脂がのっていて、新しいのに触って軟らかく、甘味が強かった。寒の時期が旬なのだ、と思わせるものだった。
三枚下ろしにし手触りで脂ののりを再度確認して、皮を引いて素直に握りにしてもらう。
すし職人の感想も「よし」。握りとして実にいい味である。
口に入れてほんのり甘く、後から来るのが脂から来る、これまた甘味なのだけど、これもまたいい。適度な食感があるのもいい感じである。
冬のヒメコダイ、白身として上ネタ、味わい深い一かんだ。

寿司ネタ(made of)

ヒメコダイ
Sea-perch

ヒメコダイ
沿岸域の砂地などにいる小魚。
底曳き網などでときにまとまってとれるが、安定しない。
とても味がいいのに小魚なので値段は安く、料理がめんどうなので一般的に流通することはない。
産地周辺などでは煮つけに、最近関東では主に天ぷらなどのタネとして人・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。