寿司図鑑 567貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

松葉貝/マツバガイ

まつばがい / マツバガイ
松葉貝/マツバガイ
握り

ある日のことだ、ある貝をゆでて寿司職人の渡辺隆之さんに渡す。「なんだ????」という顔をして、「アワビのようだけど、アワビじゃない。トコブシじゃない。なにこれ」。これがマツバガイなのであった。マツバガイはどこにいるのかというと、海縁にいくと、そこここ、あそこにも、海面近くの岸壁に無数に張り付いている。だから取り放題であるけど、磯の資源は限られているので、その日に食べる分だけ、海の神さんから分けてもらってくる。これを軽く塩ゆでして、『市場寿司 たか』に持ち込んだのだ。これをなんとか寿司飯にのせて、一個ずつ、たかさんと食べてみる。「うまい」のかどうかわからない。「なんだ、やっぱり“???”だな。食べた感じはアワビにも似てるけど磯の香りが強いね。うまいことはうまいけど、握りにすることはないな」、「賛成!」。マツバガイは珍味というか磯の香りをほんの少し楽しむもの。別に握りにしなくてもいいかもね。

寿司ネタ(made of)

マツバガイ

マツバガイ
カサガイはその名の通り笠を伏せたような形をしている。
国内で食用となっているのはマツバガイ、ベッコウガサ、ヨメガガサの3種。
海辺の潮間帯や潮間帯上部に普通に見られるもの。
漁村にとっても換金することはなく、子供や老人が採取するもの。
春の・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。