寿司図鑑 568貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

喜知次/キチジ

きちじ / キチジ
喜知次/キチジ
握り

キチジというよりも「きんき」の方が通りがよい。産地はたぶん北海道網走。「釣りもの」で卸値で4800円(キロ単価)だから500グラムなので1本が2500円ほど。「きんき」1本2500円というのがあまり高く思えないほどの高級魚である。築地などではときに1万円(キロ単価)を超えることもざら。こんなことを『市場寿司 たか』で話していたら、たかさんが「これ片身でいいところ何かんとれるかな? 5かんは無理だな」。さて握りのネタとしたら2500円で8かんだから原価で300円くらいになる。とすると普通1かん幾らになるのだろ。皮霜作りにして出来上がった目の前の握りを食べながら、目は宙に。これに大枚はたいて食べるだろうか? 否だな。うまいことはうまい。かなり上のうまいではある。でもキチジは煮魚ほどには刺身がうまくない。煮て熱を通したときに濃厚な旨味はあるが、生では味気ない。「たかさん、やっぱり煮た方が」、「いいだろうね」。

寿司ネタ(made of)

キチジ
英名/Thornhead, Idiot

キチジ
マスコミなどでも取りあげられる機会が多い深海魚で超高級魚のひとつ。非常に値が高く、1キロ1万円を超えることがある。
関東、北海道、東北太平洋側で人気が高く。日本海側ではアカムツとの競合から人気薄だ。
高価なのでスーパーなどにはなくデパートな・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。