寿司図鑑 566貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

真羽太/マハタ

まはた / マハタ
真羽太/マハタ
握り

最近、偽装が行われるくらいにクエが大人気となっている。ここで「お忘れじゃありませんか?」と問い掛けたくなるのが「真」のハタであるマハタのこと。クエと同じくらいに大きくなる。味の方もクエとおっつかっつだ。それなのにどうしてクエだけがスポットライトを浴びるのか? わけがわかりませんな。今回のもマハタとしては小振りの2キロものだけど、恐るべきうまさ。そしてネタとしての美しさ。たかさん曰く「ハタのたぐいは、なんて言ったらいいのかな。高すぎる、そしてうますぎるかな? 普段のウチの(寿司の)値段じゃ使えないけど、魅力はあるね」。へんてこなコメントだけど街のありふれた寿司屋のいいたいことを代弁していることは間違いない。「本当にうまいね。うまいとしかいいようがない。今回のは三枚におろして1日半寝かせたけど、まだまだ食感もいいし、旨味も充分だ」。続けて「これが3500円(キロあたり)じゃなけりゃね」。

寿司ネタ(made of)

マハタ
Grouper, Rock-cod, Seven band grouper

マハタ
今や高級魚の代名詞ともなっているハタ類のなかでも代表的なものだが、まだまだ認知度は低い。大きいものほど味がよく10kgを超えるものは貴重である。
天然ものは九州など西日本に多いが、需要を満たすほどとれないので養殖されている。養殖物は高価では・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。