寿司図鑑 686貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

褄黒青目狗母魚/ツマグロアオメエソ

つまぐろあおめえそ / ツマグロアオメエソ
褄黒青目狗母魚/ツマグロアオメエソ
握り

アオメエソの仲間を市場では「目光」という。
 普通は銚子以北にすむマルアオメエソとアオメエソをさすが、少ないながらツマグロアオメエソとトモメヒカリも「目光」として取り引きされている。

 マルアオメエソとアオメエソの味の良さは最近ではよくしられている。
 唐揚げ、干物だけではなく刺身、すしタネとしても一級品である。
 でも少数派であるツマグロアオメエソとトモメヒカリの味には疑問符を感じる。
 ある程度の味わいではある。
 でも「目光」二種と比べると数段落ちる。

 それなのにアオメエソの仲間では大型になるというだけで、高値で売られているとしたら、いかばかりだろう。
 おかしいのではないか?
 見た目で値段が決まって、真の味わいの評価ではない。
 このような真の評価をするのが流通世界の役割だと思っているのだけれど。

 さて、今回のものは愛知県産。
 体調20センチ前後だから、アオメエソ類としては大型だ。
 これがキロ当たり1800円というのに驚く。
 ひょっとしたら産地、荷受けでは、安かったのに、仲卸が法外な値をつけているやも知れぬ。
 このあたりはおいおい調べていきたい。

 これを『市場寿司 たか』に持ち込んで握ってもらう。
 おろしながら、たかさんが呟く。
「この目光大きいね」
「目光(アオメエソもしくはマルアオメエソ)じゃないんだよ」
「そうなんだね。そういやーちょっとべとつく感じだね。でも脂はあるんじゃないの」

 これを食べてみたけれど、そんなにうまくない。
「脂はあるよ。でも身質がよくないんだよ。水っぽい」
 たかさんは、それほどまずくはないという。
「でもさ、目光とは違うでしょ」
「そうだね。あっちの方がうまいよね」

 これでキロあたり1800円というのはおかしいでしょ。
 魚というのは大きさじゃないんだから。

寿司ネタ(made of)

ツマグロアオメエソ
Blacktipped greeneye

ツマグロアオメエソ
底曳き網で混獲されている。アオメエソの人気とともに稀に入荷してくるようになっている。
大型なのでやや高価に取引されているが、いまだに一定の評価はない。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。