寿司図鑑 747貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

西洋常節/セイヨウトコブシ

せいようとこぶし / セイヨウトコブシ
西洋常節/セイヨウトコブシ
握り

ミミガイ科の巻き貝は世界中から輸入されている。
 クロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビ、トコブシ、すべて高すぎるくらいに高い。
 なにしろ貝殻つきなのでキロあたり1万円とか、トコブシで4000円もするとなかなか手が出ない。
 国内ものが高ければ高いほど、輸入ものが増える。
 世界中のアワビが国内に流れ込んでくる。
 オーストラリアなどからの活けもあるけど、小振りのトコブシなどは冷凍輸入されている模様。
 当然、加工品の原料となる。
 この市販品がとても良くできている。

 今回のセイヨウトコブシは醤油、砂糖、味醂などで、甘辛く煮たもので、山梨県などでよくつくられる煮貝に近い。
 たかさんが、「砂が入っているね」といいながらペーパーで少しぬぐい半割にして握ってくれる。
 市販品なのになかなかうまいのである。
 ただしペーパーでぬぐったくらいでは砂が落ちない。
 多少ジャリジャリする。
 かといって水で洗うと、旨味がぐんと落ちる。
 ジャリジャリするが、このワタに濃厚な旨味があり、そこにグリシンなどから感じる甘みというのがいいのだ。

「洗うと平凡だけど、軟らかくてうまいと思うね。でもセネガルの人たちは砂抜きってこと知らないのかな」
「うん、ワタなしでもおいしいよね。セネガルはアフリカにある国だよ」
「へえー、遠くから来てるんだね」

 水産の世界でセネガルといえばセイヨウトコブシ、と言われるほどだ。
 アフリカのもっとも西部に位置する国で、自動車レースのゴールとして有名なダカールがある。
 こんな遠くから輸入しても儲けが出る、それほど国内のトコブシは激減しているのだ。
 たかさんともども、「どうしてなんだろうね」とむしろ寂しい気分に陥る。

寿司ネタ(made of)

セイヨウトコブシ

セイヨウトコブシ
セネガルなどから冷凍輸入されており、ほとんどが加工品として出回っているもの。
おせち料理などには多用されている。
aaaa
----
ミミガイ科(Haliotidae)について
■国内に11種。
■代表的な食用貝にクロアワ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。