寿司図鑑 992貫目

ミシマオコゼ握り

みしまおこぜにぎり / ミシマオコゼ
ミシマオコゼ握り
握り

価格ランク

並

ミシマオコゼは日本各地の砂地などにいる肉食の魚。鮮度が落ちやすく、なかなか刺身やすしダネで食べられるものは手に入らない。今回のものは兵庫県明石市明石浦漁協のもの。東京で手に入るもののなかでも飛び切りのものだ。
薄作りにしてゆでた肝をのせてみた。しっかりした食感があり、舌に触れると甘味が感じられる。全体にあっさりと軽い味だが、肝には実に濃厚なうま味がある。この肝の味と上品な白身の味が相まってまことにうまい。すし飯との馴染みもいい。

寿司ネタ(made of)

ミシマオコゼ
Japanese stargazer

ミシマオコゼ
国内の底引き網などでまとまってとれる。ほとんどが野締めなので比較的安い魚だと言えそう。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。