寿司図鑑 780貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

水蛸/ミズダコ

みずだこ / ミズダコ
水蛸/ミズダコ
握り

本来一般的にタコというと「真」という文字を冠するマダコをさす。
 たくさんマダコがとれていたときはよかったが、年々とれなくなって、タコ不足が深刻になると、いままで味が悪いなんて見下していた北方にいるタコに目がいくようになる。
 これがミズダコとヤナギダコだ。
 マダコよりもやや水っぽいけど、じっくり食べてみると、決して下手のものではない。
 食べ方によってはマダコよりもうまいくらいなのだ。
 残念ながら庶民的な値段の『市場寿司 たか』では国産のマダコは使えない。
 タコは、丼ものなどに欠かせないもので、ある程度まとまった量を使う。
 マダコを使うだけで、品書きの値段がピンと跳ね上がってしまうのだ。
 かといって、輸入ものも嫌だというので、たかさん仲卸めぐりをして、マダコの代用品を探す。
 そして見つけたのが、ミズダコなのだ。

「オレ、ミズダコってバカにしてたわけよ。でもいろいろ食べてみると、輸入もの使うよりも国産ミズダコの方が味は上なんだな、とわかったわけ」
 市場ですし屋をやる前には住宅街で店舗をかまえていた。
 出前が中心で、当時使っていたのが主にアフリカ産の輸入ダコ。
「ときどきマダコを店でゆでてたけど、高いタコを食べてくれる人って一握りでさ」

 その市販品ではあるが、たかさんの眼鏡にかなったゆでダコを握ってもらう。
 確かにミズダコだから、マダコのような香りに欠ける。
 でも噛みしめるといい味しているのだ。
 思ったよりも旨味が強く、甘みがある。
 食感は当然、マダコに劣るものの、柔らかいのが好きなら上々だろう。
 じっくり味わってみるとミズダコってうまいのだな、と感心するのだ。

 たかさん、これどこで売ってるの。
「教えないよ。企業秘密だからね。食べたかったらウチで食べてくれ」
 さて、北海道産じゃない、というヒントがあって、三陸でもないというと、福島県産かな?
 マダコがあまりとれなくなって、ミズダコもとれなくなると困るな、なんて思いながら店を出るのだ。

寿司ネタ(made of)

ミズダコ
North-pacific giant octpus

ミズダコ
ミズダコは比較的耳慣れない種名だが、国内で水揚げされる大部分を占めている。
非常に大型になり、水っぽいと評価の低いタコだったが、最近では食べ方の多様から人気がある。
またマダコの減少からタコの代表的な加工品である酢だこなども本種が主流。
マ・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。