寿司図鑑 779貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

青森県むつ市いかずし/たぶんスルメイカ

いかずし / スルメイカ
青森県むつ市いかずし/たぶんスルメイカ
その他 Others

ボクの個人的な意見だが、青森県は日本ではない。
 むしろ東南アジアとか、例えば、もっともっと極言するならば四国生まれのボクには、想像を絶する異世界である。
 その原語、そのファッション、その食べ物。
 例えば、初めて青森に行ったのは、忘れもしない1986年のこと。
 早朝四時半、暖冬で、雪のない年であって、二月とは言え、青森で初めて会ったオッカサンが「あったけな」と言うくらいの日だったのだ。
 青森駅前市場近くの迷路で、地図もなくとにかく歩く。
 湯気とも、霧ともつかないものが立ちこめる中、蠢く人人人。
 鎌を並べて売る人がよそ者のボクに「かまいらないっか?」というし、寒さに頭がゴイーーンと鳴っているのに、「どこさきた」、路地の奥から声がするのだ。
 よく見ると暗がりに真っ赤な着物を着たお婆さんがいる。
 前に桶があって、塩漬けのキノコとか、漬物を売っている。
 ちりれんげに桶の中のものをすくって差し出すので、手に受けて食べたら塩辛いけどうまい不思議なもの。
 これが青森で初めて食べた食物なのだが、今もって正体が不明だ。
 帰りに買って帰ろうと思っても、その暗がりのお婆さんが見つからなかった。

 枕が長くなった。なにを言いたいかというと、青森の食べ物はどこかエスニックさを感じるということ。
 イワシの焼き干しを使ったラーメンにキノコの塩漬け、甘い甘い煮つけに唐辛子、雪の白さのなかの真っ赤なリンゴもどこか異国を思わせる。
 それになんだろうね、あの青森のオッカサン達が被っている帽子のようなもの。
 今回の「いかずし」を食べたときに、やはり青森は「異」なところだと、20年以上前の光景が浮かんできたのだ。

 さて市場の惣菜部門には日本全国からいろんな食品がくる。
 今回のものは郷土食を感じるもので、例えばスーパーなんかでは絶対お目にかかれないものだろう。
 イカの胴の部分があって、それがややしらっちゃけている。
 ただそれだけで、「いかずし」とあるからにはすしなんだろう。

ikazusi090611.jpg

 面白そうなので買って帰り、切ってみると、驚くことにご飯ではなく野菜が詰まっているのだ。
 キャベツとニンジンにせん切りのショウガが混じる。
 これが甘酸っぱくて、イカ自体も甘酢に漬けてあるような。
 これは一般概念からすると、おかずか?
 酢の物というとらえ方もある。
 とにかくさっぱりと爽やかな味わいで、青森県人は異なことをするが、間違いなく「うまいものを作るのだ」と感心する。

 もっとたくさん買えばよかった、と思うほどうまい。うまいけど、以後一度も入荷してこない。
 どうにも残念だ。

扇谷 青森県むつ市大畑町鳥谷場178-2

寿司ネタ(made of)

スルメイカ
英名/Japanese common squid

スルメイカ
閉眼類総論
ヤリイカ類が眼がそのまま海水に露呈しているのに対して、眼が薄い皮膜で覆われているところから閉眼類と呼ばれる。
世界中の沿岸域、沖合に比較的大きな群れを作っている。
スルメイカ、アカイカ、ソデイカなど大量にまとま・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。