寿司図鑑 817貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

蝦夷目張/エゾメバル

えぞめばる / エゾメバル
蝦夷目張/エゾメバル
握り

エゾメバルとは“北海道などに多いメバルの仲間”という意味なのだろうけど、面白みに欠ける和名だ。
ボクは北海道での「ガヤ」という呼び名が大好き。
平凡なとぼけた顔をした魚で、群れを作って岩場で暮らしている。
北海道や東北に旅すると、わんさか売られている。
鮮度がいいし、安い、しかも煮つけや塩焼きにしてなかなかうまい。
見事に庶民的であることに徹している魚だ。

関東では鮮度のいいものにめったに出合わない。
普通の便で来ても、塩焼きや煮つけにするくらいだ。
今回のものはオホーツク海紋別から宅急便で来た。
ぎりぎりながら生でいける。

たかさんに手渡すと、見たことにない魚に「メバルかい?」なんて首をひねっている。
そうだった。
魚を同定して、初心者のとき、いちばん困るのが、こんな平凡な顔の魚なのだ。
平凡だけど、種類が判明しない。
喉に魚の小さな骨が刺さって、気持ち悪いような、そんなことってある。

「この魚、なんていうの」
「エゾメバルだよ。メバル」
「こっちにいるメバルとは違うよな」
「北海道とかに多いヤツだからね。こいつはオホーツク海産」
「へえー。寒いだろうねあっちは」
「冬になると流氷がくるからね」
たかさんブルブルと震える真似をしている。

出来上がったものは、あまり震えが来るようなものではなかった。
平凡な握り。
「味もメバルに近いね。旨味に欠けるね」
たかさんのメバルはウスメバルをさす。
最近、この青森などからまとまって入荷してくる沖合にいるメバルが安い。
毎日のように扱っていて、
「でもメバルの方が味がいいや」

確かに、ウスメバルの方が上かな。
でも十分に白身としてはうまいでしょう。

まるとみ渡辺水産
http://marutomi-kani.com/

寿司ネタ(made of)

エゾメバル
White-edged rockfish

エゾメバル
北海道、東北など産地では安くてたくさん取れて、
どのように料理しても味がいいので人気がある。
「わいわいがやがや」賑わしいほどにたくさんとれるので「がや」というが、
これは安い魚をさげすめる言語ではなく、親しみを込めた愛称なのだろう。
入荷・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。