寿司図鑑 833貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

養殖九絵/クエ

ようしょくくえ / クエ
養殖九絵/クエ
握り

クエを食べた回数は思い出して正確に言える。
5回にしか過ぎない。
すべて天然もの。
その頃はまだ養殖物は少なかった。

活け締めにした刺身はおどろくほど透明感があり、やや硬く旨みに欠けるものだたが、うまいと思った。
旨みとうまさは違うのだなと思い知ったものだ。
そして今年のクエは養殖もの。
2キロ上で仲卸さんのお情けで値段は5千円でおつりが来る。

実は刺身が悪くなかった。
血合いがきれいだし、家族など脂がのっていてうまいという。
これをすし職人、たかさん(渡辺隆之さん)に握りに仕立てていただいたら、やはりうまかったのだ。

たかさん曰く、
「キロ3000円を切ればシマアジとどっちを選ぶかな」
実はキロあたり3000円を割り込むことは珍しくない。
不況のせいかもしれない。
各地でクエの養殖が増えて、珍しいものではなくなったら、もっともっと安くならないだろうか?
するとすし屋の定番にもなりそうだ。

脂が強いので天然ものと比べると食感が悪い。
でも、これがすしネタとしてはいい、とたかさんは言う。
二かん、三かん食べてみて、やはりうまいな、たかさんと二人でうなずき合うのだ。

寿司ネタ(made of)

クエ
Longtooth grouper

クエ
国内でもっとも大型になるハタ類のひとつ。偽装問題が起こるほどの超高級魚。
九州では「あら」といい、九州場所のある冬場に鍋などで供され、非常に人気が高い。また、三重県、和歌山県などでも観光資源となっている。
天然ものは少なく、高価だが養殖され・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。