寿司図鑑 1551貫目

ちんまずし

ちんまずし / オイカワ
ちんまずし
なれずし Narezushi

価格ランク

やや高級

 滋賀県琵琶湖周辺で作られる、湖魚を使った多彩な「なれずし」のなかでも珍しいもののひとつだ。
 春から夏、産卵期のオイカワを塩漬けし、ご飯とともにつけ込み乳酸発酵させたもの。「めずし」ともいう。
 秋に出来上がるものなので、漬け込み期間が短く、発酵の度合いが低いので、ご飯も一緒に食べられる。
 ご飯を完全に取り去るか、ある程度残すかは好みの問題だろう。骨が柔らかく丸ごと食べられ、真子、白子を抱えていて独特の味わいである。湖魚を使った「なれずし」のなかでは比較的食べやすい。
 ニゴロブナの「ふなずし」同様、そのままでお茶漬けなどにしてもおいしい。

寿司ネタ(made of)

オイカワ
Common ninnow

オイカワ
主に産卵期以外の秋から春に投網や釣りで取る。自然美分布している地域では古くから食用とされてきた。移植された地域でも食用としている地域がある。
九州などでは川魚のなかでも美味しいと人気があり、岡山県でも利用度の高い魚である。
徳島県美馬郡貞光・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。