寿司図鑑 1053貫目

ウケグチメバルのあぶり

うけぐちめばるのあぶり / ウケグチメバル
ウケグチメバルのあぶり
握り

価格ランク

並

メバルの仲間でももっともとれる量の少ない魚。静岡県から三陸にかけて釣りや刺し網などで少ないながら水揚げがある。
メバルの中でもあまり大きくならないので、片身で二かんほどの握りができる。
上品な味わいだが、皮を引いてしまうと味わいに欠ける。
皮付きのままあぶりにして握る。
皮に独特の風味があり、すし飯との相性もよい。
うまい握りである。

寿司ネタ(made of)

ウケグチメバル
Sullen rockfish

ウケグチメバル
太平洋沿岸にしかいない。あまりたくさんとれないので、単に「めばる」として扱われることが多い。まとまればトゴットメバルやウスメバルに近い値がつくものの、ほぼ流通に乗ることはない。安く手に入るし美味しいので見つけたら買い求めて頂きたい。
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。