寿司図鑑 1208貫目

煮穴子

にあなご / ギンアナゴ
煮穴子
握り

価格ランク

並

 一般に「穴子」というとマアナゴのことになる。マアナゴは明らかに高級魚で、本種はその半値以下しかしない。これは「穴子」に求められる脂がイマイチ少ないためだろう。そのせいか煮ても触れると崩れるほどには軟らかくならない。
 もちろん、決して硬くはなく、すし飯との馴染みも悪くない。穴子らしい風味が感じられて、味の方も上の部類と言えそうに思える。が、平凡な、どこといって傑出しているところのない一かんである。
 意外なことにたかさんは「これもありだろ」と納得顔に言うが、時期を変えて再度試すしかない。
2012年02月24日

寿司ネタ(made of)

ギンアナゴ
英名/Conger-eel

ギンアナゴ
浅場の底曳き網でとれるものでだが、主に産地でのみ食べられているもの。
マアナゴと比べると安いのは脂が少ないためだろう。
過去に見てきたものでは三河湾周辺で干物などに利用されている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。