寿司図鑑 1242貫目

ヒゲソリダイの握り

ひげそりだいのにぎり / ヒゲソリダイ
ヒゲソリダイの握り
握り

価格ランク

やや高級

 梅雨明けして暑い日が続いている。久しぶりに『市場寿司』をのぞいてネタケースに見つけたのがヒゲソリダイ。ヒゲソリダイは関東ではほとんどとれないので、市場ならではの呼び名がない。それで、箱に名がないと標準和名で取引されている。
 すでに上身になっていたので、仲卸に走ると珍しいことに3尾も並んでいる。八王子総合卸売センター『高野水産』にあったのは愛媛県産だとのこと。高野社長から「珍しいよね」と声をかけられる。
 さて、切りつけた身は血合いが弱くあまりぱっとしない。新たに切りつけてもらいつけるようお願いする。
 目の前にくると、すし飯に馴染んで少しアールを描いて乗っている。見た目からして食感はのぞめない。あまり期待しないまま口に放り込んだら、驚くなかれ実に美味。
 甘さがあるのだけど、これは脂の甘さではなく、身自体のうまさと一緒になったもの。脂の甘さは少し遅れて感じられる。
 軟らかいのですし飯との馴染みが実にいい。
「うまいだろ。触っただけで上ものだとわかったもの。張りがないんだけど、いい方の張りのなさっていうかさ」
「恐れ入りました」
 さて、ヒゲソリダイは秋に食べても、冬に食べてもうまい。春もうまかったし、梅雨時に食べても同様だった。夏本番に食べても、こんなにうまいとすると年間を通して旬なのかも。
2013年07月23日

寿司ネタ(made of)

ヒゲソリダイ
Skewband grunt 台湾/黑鰭髭鯛

ヒゲソリダイ
暖かい海域に多く、もともとは西日本だけでとれる魚だったが、近年北上しているように思える。また関東で見かける機会も非常に多くなってきていて、評価が上がっている。
非常に味のいい魚で、しかも鯛形をしているので徐々に値が上がってきている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。