寿司図鑑 1324貫目

フエフキダイの握り

ふえふきだいのにぎり / フエフキダイ
フエフキダイの握り
握り

価格ランク

並

 主に熱帯域の浅場にいるフエフキダイ科の魚は真っ白な身で、血合いが弱い。要するに生では色気に乏しく、上品ではあるが味わいに欠ける魚である。
 握りにすると、すし飯の味がプラスされる分、それなりにうまい。ということは特別、握りにしなくてもいい、というのがすし職人、渡辺隆之さんの弁。
 上品な白身として存在理由はある、と思うのだが、すし飯に負けない味の個性があることがすしダネとして重要なのだ、とする職人の気持ちはわかりすぎるほどわかる。いくつかのすしダネがあると、かすんでしまうほど存在感がない。
 ただクセのない上品な味わいのなかにほんのりと甘味がある。決してまずいわけじゃないということも明記しておく。

寿司ネタ(made of)

フエフキダイ
英名/Adjutant

フエフキダイ
あまりまとまって取れることはない。
西日本の暖かい海域にいるもので、定置網などでとれ、産地などでは食用白身魚として普通に利用している。希に関東などにも入荷してくるが認知度が低くて安い。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。