寿司図鑑 898貫目

ダッマエビのあぶり

だっまえびのあぶり / ナミクダヒゲエビ
ダッマエビのあぶり
握り

鹿児島県阿久根で秋にあがった「だっまえび(ナミクダヒゲエビ)」だ。
生では得られないエビの香りが口に入れる前から感じられる。
開いてあぶっただけなのにうま味も強く感じるのは不思議である。
この握る直前にあぶるということで、エビのうま味の多様性が楽しめる。
すし飯との相性も、馴染みもとてもよく、一かんとしての一体性がある。
意外に味の強い握りである。

寿司ネタ(made of)

ナミクダヒゲエビ
Razor mud shrimp

ナミクダヒゲエビ
深海性の中型のエビ。
底曳き網のある漁港周辺でのみ見られる。
現在のところ我がデータベースでは静岡県沼津、三重県尾鷲、高知県などの個体を見ている。
食用として流通可能な漁獲量があるのは、徳島県阿南市、鹿児島県鹿児島湾だけだと思われる。
アル・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。