寿司図鑑 1420貫目

ハマダイの握り

はまだいのにぎり / ハマダイ
ハマダイの握り
握り

価格ランク

高級

 関東では小笠原諸島から入荷するのでプロの間では、古くから人気の白身である。主な産地は今でも小笠原と鹿児島県など。
 赤い魚は高いといわれるが、本種はその上、10kgを超える大形魚。小物を扱うすし屋ではなかなか手が出ない魚ともされている。
 ただし、握りは絶品である。
 単に皮を引きつけて、これほどにうまい魚はないだろう。下ろしたてはやや硬く、翌日、翌々日とすし飯との馴染みがよくなる。
 個人的には下ろして3日目がいちばんうまい。
 上品で後口がいいので、いくらでもつまめて、それでも飽きが来ない。
 白身なのに主役級の一かんである。

寿司ネタ(made of)

ハマダイ
英名/Ruby snapper

ハマダイ
フエダイ科でももっとも大型になり、東京都以南の暖かい海域に生息する。
伊豆諸島、小笠原など暖かい海域をかかえる東京都では古くから、高級白身として親しまれている。
沖縄でアカマチと呼ばれ、3大高級魚のひとつでもある。
クセのない白身で、嫌みが・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。