寿司図鑑 1441貫目

オオサガの皮のあぶり

おおさがのかわのあぶり / オオサガ
オオサガの皮のあぶり
握り

価格ランク

並

 オオサガは重さ10kgを超える超大型のカサゴである。深海性で皮が厚く、その厚みの中にうま味と甘味が凝縮されている。
 たかさんが皮をあぶって、まだ温かいところをつけてくれる。
 実に香りがよく、噛むほどにうま味が舌の上で爆発する。
 すし飯の酸味と甘味との相性も抜群にいい。
「オオサガは皮だけの握りがいいね」
「ダメだよ。皮じゃお代をいただけねー」

寿司ネタ(made of)

オオサガ
Angry rockfish

オオサガ
普通、関東では「目抜け」と呼ばれることが多い。
一般的には種名はまったく知られていない。また近年では「目抜け」という言葉も知られていないと思う。
古くは安い魚であって、家庭料理に多用されたもの。
あまりとれなくなり、流通の発達とともに味の良・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。