寿司図鑑 1443貫目

白みるの握り

しろみるのにぎり / ナミガイ
白みるの握り
握り

価格ランク

やや高級

 ナミガイはすしの世界では「白みる」と呼ばれている。古くはミルクイの偽物扱いだったが、昨今値上がり傾向にあるために、つけるのを嫌がる職人が減ってきているようである。基本的には安い回転ずしでは国産のナミガイは見かけない。
 ちなみに水管を使うという意味ではミルクイに似ているが分類学的には縁もゆかりもない。
 水管を湯通しして皮を剥き、単につけるだけ。すし職人にとって手間のいらないネタかも知れない。
 ほどよく熱を通した「白みる」は甘みがあって、貝らしい弾力も風味も豊かでいい味である。すし飯との相性もいい。

寿司ネタ(made of)

ナミガイ
英名/Japanese geoduck

ナミガイ
浅い砂地にいるもので、非常に深く砂に潜る性質がある。
流通上は「白ミル」と呼ばれている。オオノガイの仲間では唯一流通にのる。古くから食用とはなっていたが、ミルクイがあまりとれなくなり、代用品として利用されるようになり知られるようになった。
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。