寿司図鑑 1508貫目

アマミフエフキの握り

あまみふえふきのにぎり / アマミフエフキ
アマミフエフキの握り
握り

価格ランク

並

 フエフキダイ科は熱帯・亜熱帯に多い。熱帯系でありながら、上質の白身で臭味のない優れた食用魚が多い。なかでも大型になるフエフキダイ科は人気が高い。
 本種の場合、「たまん(ハマフエフキ)」と比べるととれる量が少ないことが知名度が低い原因。もう少し水揚げが増えれば暖かい海域の産地でも高評価になると思う。
 さて、この血合いがきれいで、クセのない白身はすし職人好みなのだ。皮を引いた途端に、すし職人のたかさんも「いいと思うよ」なんていいながら切りつけていく。
 端っ切れを口に放り込んで、
「タイかな。ちょっと違うけどタイって雰囲気だよね。ほんの少し身質が違うけど、ほの甘さが口に残るね」
 こちらはつけたのを食べて、
「すし飯との馴染みもいいし、飯とからんでもちゃんとネタの食感が感じられるし、魚のうま味もあるよね」
「合格だね」
「ただ、ただ、合格ってのも芸無しだね」
「まだまだ残暑で蒸し暑い日が続くだろ。タイなんかもまだとしたら、十二分に代役にはなると思うな」
「人気俳優が脅威を感じるか」
「それほどじゃないけどね」

寿司ネタ(made of)

アマミフエフキ
Redthroat Emperor

アマミフエフキ
国内では小笠原諸島、琉球列島の温暖な地域で食用となっている。小笠原では他のフエフキダイ属と一緒に「くちみだい」、沖縄では「やきーたまん」でともに食用となっている。ハマフエフキが「たまん」として知名度があるのと比べるとマイナーな存在でもある。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。