寿司図鑑 858貫目

夏アイゴの握り

なつあいごのにぎり / アイゴ
夏アイゴの握り
握り

価格ランク

並

アイゴは内湾の岩礁地帯にいる雑食性の魚だ。
体長40センチ近くになる。
夏には動物でも植物(海藻)でもなんでも食べる。
ときに磯臭いので、土地度地によって、とても「食べられたものではない」、いや「実にうまい」など毀誉褒貶はなはだしい魚だ。
特に成魚は活魚以外に生で食べるという地域は少ないのではないだろうか?
その成魚の活魚を旬外れの8月に握りにした。
アイゴの旬は一般的に、その年の春から初夏に生まれた個体が手のひらサイズになる秋なので、もっとも悪い時期のもの。
これが臭みもなく噛みしめるとうま味が強く、持ち味の強い食感もあって、すこぶるつきのうまさだった。
すし飯との相性もよく、握りとしてうまい、これが特筆すべき点でもある。
ただし翌日には少なからず磯臭さを感じた。

寿司ネタ(made of)

アイゴ
Meyas, Mottled spinefoot

アイゴ
 国内では沖縄県など以外では未利用魚・マイナー魚でもあり、好んで食べる地域は少ない。食文化を持つ地域とまったく食べない地域があり、一般的にはまったく知られていない。
 関東ではあまり食用とせず、瀬戸内海、四国、九州などで食用とされている。特・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。