寿司図鑑 147貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ニセタカサゴ

にせたかさご / ニセタカサゴ
ニセタカサゴ
握り

タカサゴという名の魚は沖縄の県魚となっていてかなりの知名度であると思う。でも実際に見たことのある人は少ないのでは? また沖縄でとれるものだか熱帯のものまさか東京都でとれるなんて思わないだろう。ところが東京都は広い。このタカサゴは伊豆七島などでとれるし、しかも面倒なことにそっくりさんであるニセタカサゴもとれるのだ。タカサゴとニセタカサゴは見た目も味わいもそっくりそのまま。まちがいなく分類学者以外で2種に分けようなんて思いようがない。築地で買ってきたニセタカサゴをたかさんに渡すと、「こりゃ水っぽいよ。これじゃ食えね?べよ。ちょっと水を抜くから明日まで待ちな」ということで翌日。シートで水を抜いたものを握りに。これがフワフワの身。歯がなくても充分舌で押しつぶせる。これじゃ寿司ネタは無理かも。ただ決して味は悪くない。きっと産地でとれたてならもっとうまいかも?

寿司ネタ(made of)

ニセタカサゴ
Goldeb-banded fusilier

ニセタカサゴ
九州・長崎からの入荷が多く、関東では知名度の高いグルクン(タカサゴ)と混同して扱われている。・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。