寿司図鑑 161貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

ソコアマダイモドキ

そこあまだいもどき / ソコアマダイモドキ
ソコアマダイモドキ
握り

深海魚といってもそれほど深い場所ではなくキンメダイやアカザエビと同じくらいの、それでも暗い海底でとれる魚である。それもあまり量の多い生き物ではないようで、そのような生き物があがる沼津の底引き網でも数が少ない。この魚がいかにうまいものであるのか知る人はこれまた驚くほど少ないだろう。近縁でそっくりさんのソコアマダイとともに「どえらくうまい」魚なんである。この魚は焼いても煮てもうまいというところではアマダイに似ているが皮目はアコウダイに似ていなくもない。そして刺身のうまさは両種を凌ぐと思われてならない。それが証拠に初めて、これを食べたときの渡辺隆之さんのとまどった表情からうかがい知れるだろう。すし飯に合うとかどうとか以前に身の味わいが深いというか、甘みが強いというか、一度食べたらやめられなくなる。当然、寿司はまさに絶品であるからお試しを!

寿司ネタ(made of)

ソコアマダイモドキ
White-edged jawfish

ソコアマダイモドキ
底曳き網に混ざる魚で沼津や三河、錦江湾などで確認している。
比較的味のいい魚で、まとまってとれないのが残念。
-----
ソコアマダイ属の見分け方
・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。