寿司図鑑 235貫目
寿司図鑑1~856貫目は旧コンテンツからの移行データの為、小さい写真の記事が多くあります。

赤螺/アカニシ

あかにし / アカニシ
赤螺/アカニシ
握り

名作と言われる日本映画に『赤西蠣太』というのがある。これは明らかに干潟や河口に普通に見られる貝、アカニシとカキをとってつけたようにわざとらしく名としたもの。主役の赤西蠣太は伊達藩きっての醜男とされている。監督の伊丹万作がいかな考えでアカニシに目をつけたのかわからないが黒っぽくてけっして見た目のよくないアカニシが実にしみじみいい味だったりするのだから、意を得たりかな。アカニシは酒と水を合わせたもので蒸し煮。それを和え物や酢みそで食べる。これを握っても当然いいはずだろうから、素直な気持ちで『市場寿司 たか』に持ち込んだ。これが素直にはうまいと思えないのだから困ったモンである。アカニシは普通、酢みそや合わせ酢が合う。と言うことはこれ自体はあまり個性がないのだ。「なんだか貝は貝だな」なんて不得要領なことを言う、たかさんに、「そんなもんですな」としか答えようがない。帰宅して、アカニシを山椒塩(山椒と塩をすり鉢で混ぜ合わせた)とスダチで食べてみるとググ~ンといい味わいになった。これを握りに使うのだった。

寿司ネタ(made of)

アカニシ
英名/Top shell, Rock-shell, Rapa whelk

アカニシ
国内の内湾の干潟などに普通に見られるサザエと同じくらいの巻き貝。
都市部に近い場所でとれるので食用貝として馴染みのあるものだったと思われる。
関東では干潟の減少、浅海の汚染のために、このような身近な水産物が都市部の食卓に登場しなくなっている・・・・
市場魚貝類図鑑で続きを読む⇒

この寿司ネタの他の寿司(Others)

  • 登録がありませんでした

ぼうずコンニャクの本

すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ
~プロもビックリ!~

すし図鑑が文庫本サイズに! Kindle版も。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
からだにおいしい魚の便利帳
発行20万部突破のベストセラー。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。
おすしのずかん
ぼうずコンニャク監修の本。